ブログ

2017.12.07

  • 東京本校

江別製粉協賛 第2回目レッスン!新百合ヶ丘の人気ベーカリー、nichinichi川島シェフレッスンを開催しました

by 東京本校

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

こんにちは!ハッピークッキング東京本校です。
もうすぐクリスマスですね。ハッピークッキングでは連日クリスマスに向けてのレッスンが行われ、たくさんの方にご参加頂いています。本日は江別製粉協賛「北海道小麦を味わうリレーレッスン」川島善行シェフによる『ひとつの小麦で作る、ソフト系とハード系のパン』レッスンの第2回目が開催されました。

テーマは最近とても人気の高い『春よ恋』。江別製粉では「春のいぶき」という商品名で発売されています。粉の特長であるすっきりとした甘み、さわやかな香りを川島シェフならではのこだわりとアイデアでまったく違った2つのパンをストレート法で教えていただきました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さん、「春よこい」と聞いたらあの名曲が浮かんできませんか??年間360日は歌謡ショーをこなしパンを焼くのは5日だけ、という「ジョリー川島」さんの登場からレッスンの幕開けです。生徒さんの間をまわりながら名曲を熱唱するという本日のサプライズに生徒さんも拍手喝采、ペンライトをふりながらの応援をいただき朝から大変な盛り上がりとなりました。次々と美声を披露したいシェフにハッピークッキングのスタッフからパンのレッスンをしてください、とお願いする場面も・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

楽しいステージから一転、パンを作るシェフの眼差しは真面目そのもの!熱いハートと情熱で焼き上げる本日のパンは「ハードトースト」と「くるみぱん」。ハードトーストはその名の通り、トーストしてカリッとした食感を楽しめるハードタイプの食パンです。くるみぱんは丁寧に下処理をしたくるみをミルキーな生地に練りこんだふんわり食感のパン。クルミや胡桃ではなく「くるみぱん」という文字からもシェフの思いと優しさがあふれ出るパンです。同じ粉から作られたとは思えないパンに生徒さんからは驚きの声も聞かれました。バゲットだけではない、クリスマスのお料理に合い、家族皆さんで召し上がっていただけるパンをご紹介いただきました。

『本日のシェフの格言』
冬のパン生地は思春期の男の子と一緒。デリケートに扱わないと大変。少しでも様子がおかしかったらすぐにホイロへ!!パン生地=旦那様の携帯電話。見たり触ったりすると傷つきます。そーっとしておきましょう・・・

以上2点、参加された生徒さんは肝に銘じて冬のパン作りを楽しんで下さる事と思います。
「今年一番笑ってしまった」とおっしゃる方もいらっしゃるほど楽しい川島シェフのレッスンは次回2月1日です。新しい年の笑い始め、いえいえパンの作り始めにピッタリのレッスン内容となっております。まだ少しだけお席に余裕がありますので皆様のご参加を心よりお待ちしております。
川島シェフの2月開催講座、詳しくはこちらから。

本日ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+
HOME

PAGE TOP