COURSE

食の専門家に学ぶ料理講座

シェフ、パティシエ、ソムリエなどさまざまなプロが直接レッスン

腸内環境を整えて便秘・肌荒れ・アンチエイジングに効果的 日本伝統の知恵を学ぶ「発酵教室」

東京本校
  • 6回
  • 定員16名
  • 単発受講OK

日本の気候風土に合った伝統的な発酵食品を手作りして、体を整えましょう。レッスン中に仕込んで、自宅に持ち帰って熟成・発酵していただきます。発酵食品を作るだけでなく、発酵とは何か? どんな効果があるのか? など、発酵のしくみや効果なども学びます。また、発酵食品を料理へ応用するレッスンもあるため、アレンジ力も身に付きます。調味料もすべて伝統的な製法でじっくり熟成発酵して作られたものを使用します。発酵食品を日常的に摂ることで腸内環境が整い、さまざまな不調の改善につながるはずです。

料金

入学金10,800円
各回受講料7,350円/6回コース割引42,000円

\東京本校 まだ間に合いますキャンペーン/
11/1(水)~12/10(日)にお申込みいただくと、実質入学金が無料!

講師

「食べごと研究所」主宰

山田 奈美

薬膳料理家、食養研究家、国際中医薬膳師。「食べごと研究所」主宰/北京中医薬大学日本校卒。東京薬膳研究所代表の武鈴子氏に師事し、薬膳理論や食養法について学ぶ。雑誌・テレビ・WEBなどで発酵食や薬膳レシピの制作・解説等を行うとともに、神奈川県・葉山のアトリエ「古家1681」で「発酵教室(ぬか漬け、味噌等)」「和の薬膳教室」などのワークショップを開催。日本の食文化を継承する活動を行う。著書に『体を温め、めぐりをよくする妊娠中のごはん』(家の光協会)、『漬けるだけ 発酵食レシピ』(アスペクト)、『つよい体をつくる離乳食と子どもごはん』(主婦と生活社)他。最新刊に『はじめる、続ける。 ぬか漬けの基本』(グラフィック社)。

http://tabegoto.com/

カリキュラム

10月 ■甘酒とべったら漬け 甘酒は麹で作ったノンアルコールの発酵ドリンクで、飲む点滴・飲む美容液として話題となっています。甘酒の魅力や効能について学びながら、自宅でできる甘酒の作り方を実習します。また、甘酒を使ったべったら漬け、野菜漬、かぶら寿司など、甘酒の活用方法やレシピもご紹介します。
甘酒作り、べったら漬け作り、甘酒を使った料理1〜2品
11月 ■麹作り 味噌や甘酒などを仕込むときに欠かせない「麹」。
この麹も、思っている以上に簡単に手作りすることができます。
当日は米麹を仕込み、自宅に持ち帰って数日かけて育てていただきます。
保温器を使わずに、体温で発酵させる方法もご紹介します。
また、麹を使った一汁二菜のランチも作っていただきます。
12月 ■味噌 米味噌、麦味噌、白味噌の3種類の味噌を仕込みます。大豆の仕込み方や麹の違いから、異なる味噌ができる方法を学びます。仕込んだ味噌はお持ち帰りいただき、自宅で発酵・熟成していただきます。天然の蔵付き米麹と国産大豆、天日塩と、こだわりの原料を使用します。 3種類の味噌作り、味噌を使った料理1〜2品
1月 ■たくあん 天日干しして甘味がぎゅっと凝縮した大根をぬかに漬けて作るたくあんは、昔ながらの懐かしい味。保存料や着色料などの添加物も必要ありません。奥深い乳酸発酵による酸味とうま味の本物のたくあんを手作りしましょう。砂糖は不使用で、甘味のあるたくあんに仕上げます。 たくあん仕込み、たくあんを使った料理1〜2品
2月 ■キムチ(白菜) 冬の発酵漬け物キムチを仕込んでお持ち帰りいただきます。
自分で作れば、添加物なし。厳選した安心材料で、辛さや甘味なども好みで調整できます。
また、鍋物や煮物、炒め物とアレンジ自在のキムチを使った、一汁二菜のランチも作っていただきます。
3月 ■ぬか漬け ぬか床の作り方から、野菜をおいしく漬けるコツ、おこりがちなぬか床トラブルとその解決法、嬉しい健康効果まで、ぬか漬けの基本を学びます。無農薬の生ぬかや厳選食材を使用します。 ぬか床作り、ぬか漬けを使った料理1〜2品

日程とお申込み

10:00~13:00

2017/10/24(火) 03-3518-0013
2017/11/28(火) 03-3518-0013
2017/12/26(火) 単発受講申込みはこちら
2018/1/23(火) 単発受講申込みはこちら
2018/2/27(火) 単発受講申込みはこちら
2018/3/27(火) 単発受講申込みはこちら

お申込はお電話で
東京本校 03-3518-0013(9:30-17:30/月~日)

関連キーワード

PAGE TOP